僕に恋するポンコツいりや

ぽけ構築 あに感想

春アニ

どうもなゃるちです

 

今回は最終回をもうそろそろ控える時期なので春アニについてざっとおさらいする記事です。

 

最初から総評となりますが、今季は冬がわりと揃っていたせいか不作に感じました。

ちなみにいつもは3話くらい見て取捨選択していましたが今季は1話で切ったアニメが非常に多かったです。

 

ぶっちゃけ4.5作品しか見てない。

 

 

ひなこのーと

f:id:nyarukami:20170602041927j:image

えろい。水着回は加点にはいりますね。水着回の何がいいかと申しますと彼女達の輝き方が違うところだとぼくは思うんですよね。例をあげれば彼女達は大胆になります。彼女達の束ねた髪が引き立てるうなじは非常に魅力的です。

 

また、たくさんのイベントがあるなかで劇団としての話もわりかし順調に進んでいると思います。ここまでヒロイン達が輝いていると僕だったら可愛らしい挿入イベントめっさ作りたいので劇団としての彼女達が疎かになると思いますね。

 

ひなこのーとの同人作品のシナリオ少しねってみました。

 

ここから先の観閲は非推薦です。

 

 

ひなこの様子が最近おかしい。初対面の人と話すといつもかかしのようになってしまう彼女だが最近それがない。彼女が自分の短所を克服した。という事実は非常に喜ばしいことだ。しかし、今の私にはとても不審に感じられた。

 

その頃くいなとひなこはひととせ荘の本屋で働いていた。

 

ちりんちりーん。「いらっしゃいませ!」くいなはぐだぐだすることは多いがやる時はしっかりとやる、素直でいいこだ。

入ってきたのは3人の不審な男だった。男達はひなこのところへ向かい、耳打ちをしていた。非常に不審な光景だった。一瞬ひなこの身体がびくんっとうねった気がした。これは不味いのでは?と思ったが話をすませたひなこが笑顔でこちらへ向かってくる。「ごめんね。ちょっと席外すね。」と言って男達と店をでた。あきらかにおかしい。くいなは確信した。くいなは彼らのあとをつけていった。行き着く先は怪しげなホテルだった。しかし、ひなこが何をされているか不安でしょうがない。そして、くいなはホテルにあしを踏み入れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くいなちゃんinラブホ

 

彼らについて行くと4階の奥のだった。くいなはドアノブに手をかける。するとドっと鈍い音がする。そのままくいそのまま失った。目が覚めると部屋の中だった。ひなこが男達の頬とおち〇ち〇を撫でながらあついキスを交える。彼女は胸を揉みしだかれながら軽くピークに達していた。こんな彼女の姿は見たくなかった。ふと机を見る。その上にあったのは💊だった……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体験版はここまでです。本編はありません。

 

疲れたから終わります。